そもそも永久脱毛って?定義と種類をチェック

MENU

そもそも永久脱毛って?定義と種類をチェック

医療脱毛とほぼ同義で使われることの多い「永久脱毛」と言う言葉ですが、実際にはどのような状態を指すのでしょうか。永久脱毛の定義と種類、気になる永久脱毛と脱毛サロンの関係について見て行きましょう。

 

そもそも永久脱毛って?定義と種類をチェック

永久脱毛の意味と定義

日本では日本スキン・エステティック協会が「日本スキン・エステティック協会の考える美容脱毛」を発表しており、

 

  • 永久脱毛:生涯にわたってムダ毛の処理をしなくても済む状態
  • 除毛・減毛:一定の期間のムダ毛の発毛を抑え、毛質を薄くさせ、主に濃いムダ毛を減らすこと

 

と定義しています。「この先ずっとムダ毛処理しなくて済むかどうか」と言う点が永久脱毛の決め手となっているようです。

 

永久脱毛について引用されることの多いアメリカの定義によれば、

 

AEA(米国電気脱毛協会)による定義

施術後1ヶ月後の毛の再生率が20%以下の状態

 

FDA(アメリカ食品医薬品局 ) による定義

3回の施術後67%以上の毛が減っている状態

 

となっており、永久脱毛とは施術後毛がほとんど生えてこない=大半の毛が減っている状態だと言えます。

 

FDAの定義で「3回以上の施術後」となっているのは、脱毛は毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルに合わせて行われるためで、一般的には5~6回程度で満足できる状態になると言われています。

 

永久脱毛の種類

 

現在、永久脱毛と認められている方法はニードル脱毛(絶縁針脱毛)とレーザー脱毛のふたつで、どちらも医療機関で行われています。

 

脱毛後、毛が生えてこないようにするためには毛根の破壊が必要ですが、毛根を破壊する行為は「医療行為」とされているため、医療機関でしか行うことはできません。

 

ニードル脱毛とは、毛穴のひとつひとつに絶縁針を刺し、電流を流して毛根を破壊する方法で100年以上の歴史があります。確実に効果が得られる反面、痛みが強いため、現在ではレーザー脱毛が主流となっています。

 

レーザー脱毛は、メラニンに反応するレーザーを照射することで毛根を破壊する方法で、用いられるレーザー光の種類によって効果・特徴が異なります。永久脱毛選びにはクリニックで使われている脱毛器をチェックしてみましょう。

 

脱毛サロンは「永久脱毛」と呼べる?

脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛は、メラニンに反応する光を照射して毛根にダメージを与えるもので、原理的にはレーザー脱毛と同じです。

 

ただし、フラッシュ脱毛には毛根を破壊するパワーはないため、数年後には毛が生えて来ます。フラッシュ脱毛は「永久脱毛」と呼ぶことはできないのです。近年、脱毛サロンから医療脱毛に乗り換える人が増えているのはそのためです。

                

永久脱毛のランキングトップへ

関連ページ

レーザーが人気!その理由を解説
現在、永久脱毛はレーザー脱毛が主流となっており、脱毛専門クリニックも増えて来ています。今やレーザー脱毛と言えば永久脱毛の代名詞。歴史あるニードル脱毛はレーザー脱毛の補助的方法と言う状況です。レーザー脱毛が人気の理由をニードル脱毛と比較しながら見て行きましょう。
脱毛サロンじゃダメ?永久脱毛がおすすめなワケ
脱毛を考えている人の中には、脱毛サロンと永久脱毛で迷っている、と言う人も多いのではないでしょうか。しかし、最近では脱毛サロンから永久脱毛に乗り換える人も多く、近頃では最初から永久脱毛を選ぶ人が増えてきています。なぜサロンではなく永久脱毛なのか、その理由をご紹介します。
知っておこう!レーザー脱毛の種類と特徴
永久脱毛と言えばレーザー脱毛が一般的ですが、レーザー脱毛にはいくつかの種類があり、クリニックごとに使っている脱毛器によって特徴があります。国内で使われているレーザー脱毛の種類と特徴についてまとめました。
自分に合うのはどっち?人気脱毛器2種を徹底比較
現在、人気クリニックの永久脱毛で使われているレーザー脱毛器は、キャンデラ社のジェントルレーズとルミナス社のライトシェアデュエットのどちらかであることが多いです。それぞれの機種の性質と特徴を理解しておくことは、永久脱毛クリニック選びの大きなヒントになります。ジェントルレーズとライトシェアデュエットの特徴を比較しながらご紹介します。
効率的な脱毛のために!「毛周期」について解説
永久脱毛は多くの場合、2ヶ月から3ヶ月に1度のペースで通うことになります。ほとんどの人が満足できる回数は5~6回だと言われているので、脱毛が終わるまでには1年くらいかかる計算になりますね。効率的に脱毛を進めるためにはレーザー脱毛の仕組みと「毛周期」について知っておく必要があります。
効果を実感しやすい部位は?毛質による違いを知っておこう
永久脱毛の効果は脱毛部位によって違いがあり、すぐに効果を実感できる部位もあれば、効果を実感しにくい部位もあります。永久脱毛の部位による効果の違いについて見て行きましょう。
顔脱毛は必要?メリットとデメリットを検証
ワキやVIOなどの人気部位に次いで最近人気急上昇中なのが顔脱毛。顔や背中と言った産毛は一般的に脱毛効果が出にくいと言われますが、産毛に強い脱毛器の登場で「産毛まですっきりしたい」と思う方も増えているようです。顔脱毛は果たして本当に必要なのでしょうか?メリット、デメリットを検証してみました。
増毛化・硬毛化って?リスクについても知っておこう
永久脱毛は脱毛サロンの光脱毛に比べ出力が強く、効果が高いのが特徴です。その一方でリスクも伴うため、医療機関でしか受けることができません。人気クリニックは起こりうるリスクについて事前に説明を行い、万が一に備えて対応が準備されているところが多いのが特徴です。知っておきたい永久脱毛のリスクについて見て行きましょう。
このページの先頭へ